ナルコレプシー:反復する日中の居眠りが毎日続きます

夜によく眠っていても学校で授業中に居眠りをしたり、会社での会議や商談中などの大事な場面でも眠り込んでしまうような状態が、ほぼ毎日繰り返される過眠症の一種です。

日本における有病率は0.16〜0.18%といわれ、1万人に16〜18人とされています。はっきりとした原因はまだわかっていませんが、遺伝的要素と、覚醒を維持する物質「オレキシン」の分泌障害が関係していると考えられています。

ナルコレプシーには、以下の4つの兆候が認められています。

1.日中の耐えがたい眠気
歩行中や試験中、運転中など、時と場所を全く選ばずに強烈な眠気が突然やってきます。10〜15分ほどねむり、覚醒すると一時的にすっきりとします。

2.情動性脱力発作(カタプレキシー)
笑ったり怒ったり驚いたりすると突然筋緊張が低下する発作のことです。感情が高ぶると、ろれつが回らなくなったり、体勢が保てなくなります。体の力が抜けて、ぐったりする状態が数秒から数分間持続します。

3.入眠時幻覚
入眠時に現実感のある幻覚が現れます。主に幻視ですが、幻聴が現れることもあります。

4.睡眠麻痺
俗にいう金縛りのことです。入眠時や覚醒時に、数秒から数分間、声を出したり体を動かしたりできなくなります。

睡眠ポリグラフ検査(PSG)を行うと、照明を消して記録を開始してから眠りが始まるまでの時間が10分以下と短く、睡眠開始からレム睡眠(浅い眠り)が始まるまでの時間も20分以内と短縮している「睡眠開始時レム睡眠」が高い頻度で認めれれます。

さらに、入眠潜時反復測定検査(MSLT)といって日中2時間おきに30分くらいずつ睡眠ポリグラフを記録すると、睡眠が始まるまでの時間が10分以下、睡眠開始時レム睡眠の発言が2回以上認められることがよくあり、ナルコレプシーの特徴的所見とされています。

ナルコレプシーの治療には中枢刺激薬が使用されます

ナルコレプシーの治療は、まず生活指導によって、しっかりとした睡眠習慣をつけることが大切です。毎晩同じ時刻に就寝し、同じ時刻に起床するようにします。

薬物療法としては、まず日中の過度の眠気や睡眠発作の治療に中枢刺激薬であるメチルフェニデート(商品名:リタリン)やペモリン(商品名:ベタナミン)を症状の程度に応じて用います。

日中の情動性脱力発作や睡眠麻痺の改善には、クロミプラミン(商品名:アナフラニール)やイミプラミン(商品名:トフラニール)などの三環系抗うつ薬を使います。夜間は少量の睡眠導入剤や精神安定薬で、十分な睡眠がとれるようにします。

また合併症として肥満、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群などがよくみられるので、この面の治療も必要になります。

ナルコレプシーの患者さんは日中に眠気に襲われて眠ってしまうため、「怠けている」などあらぬ誤解を受けたり、周囲の理解を得られないことがあります。適切な対応をすれば治りますので、まわりがこの障害への理解を深め、治療に協力していくことが不可欠です。