大きないびきや昼間の眠気は睡眠時無呼吸症候群の可能性

睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」の患者は中年の男性に多く、日本では約300万人いるといわれています。しかし実際に治療を受けているのは、そのうち10万人程度です。

一晩(7時間以上の睡眠)に、10秒以上続く無呼吸が30回以上、あるいは1時間に平均5回以上起こる場合に、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

大きないびきをかき、いびきが突然止まると同時に呼吸も一時的に止まります。そして、大きないびきとともに呼吸が再開します。これを一晩中何回も繰り返します。

呼吸が再開するとき、本人は気づかないものの、脳は目覚めています。そのため、深い睡眠がとれず、熟睡感が少なくなります。さらに、昼間に強い眠気が起こり、居眠りをすることが多くなります。そのほかにも、日中に「疲労感が取れない」「体がだるい」「集中力が低下する」などのさまざまな症状が現れます。

昼間の眠気による影響
眠くて体がだるいため、仕事や勉強などに対するやる気が失われ、生活の質が著しく低下してしまいます。強い眠気は、大切な会議や商談中など、通常は眠たくならないような場面でも起こるため、社会生活に大きな影響を与えます。

さらに、強い眠気のせいで、交通事故や危険作業での事故を起こしてしまい、自分だけでなく、周囲の人の命にかかわる危険性も高くなります。国内でも、睡眠時無呼吸症候群のため、運転士が寝たままの状態で新幹線が走行していたなどの例が報告されています。

酸素不足による合併症
睡眠中に呼吸が止まると、慢性的に酸素不足が続きます。すると心臓や全身の血管に負担がかかり、血圧が上がります。特に、寝る前よりも朝起きたときに血圧が高くなる人が多く見られます。

さらに睡眠時無呼吸症候群の患者は肥満があることが多く、糖尿病や高脂血症などを合併していることもあります。これらのことから、狭心症、心筋梗塞、脳卒中など、命にかかわる病気を引き起こす危険性が高くなります。

肥満や更年期のホルモン変化も睡眠時無呼吸症候群の原因になります

睡眠中に呼吸が止まるのは、気道の上部にあたる「上気道」がふさがることによるものです。睡眠状態に入ると全身の筋肉が弛緩するため、のどのあたりの筋肉も緩みます。

しかも、仰向けの姿勢になると、重力で下の根元などが上気道の方へ落ち込みます。その結果、上気道が狭くなるのです。

上気道が塞がれる原因で最も多いのは、「肥満」です。肥満のある人は、軟口蓋やのどの周囲などにも脂肪がついており、気道が狭くなりがちです。首多短くて太い人も同様です。

肥満がなくても、あごの骨格の小さな人は、仰向けに寝たとき、舌根がのどの奥に落ち込みやすく、やはり上気道を狭めてしまいます。

更年期以降の女性も注意が必要です。女性ホルモンには脳の呼吸中枢を刺激する作用がありますが、更年期以降は女性ホルモンの分泌が極端に減少するため、発症しやすくなります。

子供が発症すると睡眠不足となり発育が阻害される恐れがあります

睡眠時無呼吸症候群は、子供にも起こり、睡眠不足によって発育が阻害されるという深刻な問題が生じます。

成長ホルモンは深い眠りのときに分泌されますが、睡眠時無呼吸症候群があると、眠りが浅いために分泌が減り、身長の伸びが遅くなったりします。

昼間の眠気で集中力がなくなり、勉強がおろそかになったり、「疲れやすい」「イライラする」など、心にも大きな影響が出てきます。

肥満のほかに、のどの置くにある「扁桃」の肥大なども原因となります。治療は手術で肥大した扁桃を切除するほか、CPAP療法が行われることもあります。子供の場合も、いびきや無呼吸があるときには、呼吸器科などを早めに受診しましょう。

睡眠時無呼吸症候群の検査と治療

医療機関(呼吸器科など)では、いびきや呼吸の様子、昼間の眠気、肥満の状態などについて問診が行われます。就寝中の様子は本人はわからないため、家族に同行してもらいましょう。

問診で睡眠時無呼吸症候群の可能性があると判断された場合、アプノモニターなどの小型の測定機器を持ち帰り、自宅で簡易検査などを行って、呼吸の状態などを調べます。

簡易検査の結果、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高い場合には、医療機関に1泊入院して精密検査(睡眠ポリグラフ検査)をうけます。この検査は、睡眠中に「脳波、口・鼻の気流、心電図、酸素飽和度」など、10種類以上のデータを測定します。主な治療法は以下の通りです。

外科手術
扁桃の肥大によって、上気道の閉塞が起こっている場合には、扁桃を摘出する手術が有効です。これは、特に子供によくみられます。

マウスピース
軽症の場合は、睡眠時マウスピースを装着し、下あごを前に出して、上気道が塞がるのを防ぎます。マウスピースは、歯科で作成します。

CPAP療法
すべての例に有効ですが、特に重症例に用いられます。小型の装置を使って、鼻から、患者に適した圧力で空気を送り込み、上気道が広がった状態を保ちます。

患者は鼻マスクを装着して眠ります。最初は違和感を感じることがありますが、慣れてくると気にならなくなり、熟睡できるようになります。

検査で1時間に20回以上の無呼吸・低呼吸がある場合、医療機関からの貸し出し時に健康保険が適用されます。