大きないびきや昼間の眠気が特徴

睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」の患者は中年の男性に多く、日本では約300万人いるといわれています。しかし実際に治療を受けているのは、そのうち10万人程度です。

一晩(7時間以上の睡眠)に、10秒以上続く無呼吸が30回以上、あるいは1時間に平均5回以上起こる場合に、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

大きないびきをかき、いびきが突然止まると同時に呼吸も一時的に止まります。そして、大きないびきとともに呼吸が再開します。これを一晩中何回も繰り返します。

呼吸が再開するとき、本人は気づかないものの、脳は目覚めています。そのため、深い睡眠がとれず、熟睡感が少なくなります。さらに、昼間に強い眠気が起こり、居眠りをすることが多くなります。そのほかにも、日中に「疲労感が取れない」「体がだるい」「集中力が低下する」などのさまざまな症状が現れます。

昼間の眠気による影響
眠くて体がだるいため、仕事や勉強などに対するやる気が失われ、生活の質が著しく低下してしまいます。強い眠気は、大切な会議や商談中など、通常は眠たくならないような場面でも起こるため、社会生活に大きな影響を与えます。

さらに、強い眠気のせいで、交通事故や危険作業での事故を起こしてしまい、自分だけでなく、周囲の人の命にかかわる危険性も高くなります。国内でも、睡眠時無呼吸症候群のため、運転士が寝たままの状態で新幹線が走行していたなどの例が報告されています。

酸素不足による合併症
睡眠中に呼吸が止まると、慢性的に酸素不足が続きます。すると心臓や全身の血管に負担がかかり、血圧が上がります。特に、寝る前よりも朝起きたときに血圧が高くなる人が多く見られます。

さらに睡眠時無呼吸症候群の患者は肥満があることが多く、糖尿病や高脂血症などを合併していることもあります。これらのことから、狭心症、心筋梗塞、脳卒中など、命にかかわる病気を引き起こす危険性が高くなります。